取引の流れと信用度|お得な不動産売却のプランを立てよう|家探しのキホン

お得な不動産売却のプランを立てよう|家探しのキホン

取引の流れと信用度

模型と鍵

家や土地を売却することは、人生の中で何度も経験するものではありません。そのため多くの方が不動産を売却する時に戸惑ってしまいます。スムーズにかつ希望の価格で売却できるよう、まず不動産取引の流れを理解しておきましょう。まずするべきことは、不動産の相場を知ることです。物件周辺の相場を知るために、不動産を取り扱っているサイトなどで情報収集をすることから始めます。次に不動産会社を探さなくてはなりません。信頼できる不動産会社と巡りあうために情報を収集しましょう。不動産会社を決める後、仲介を依頼します。主な媒介契約は3つあるため、希望する売却方法などを踏まえてどの媒介契約にするか決めましょう。そして購入希望者との交渉が始まります。交渉がまとまると売買契約を結び、引き渡し手続きを経た後不動産売却が完了します。

自分で家や土地を売却することは不可能ではありませんが、高額な取引になる上、専門の知識も必要になってきますのであまり現実的ではありません。そのため不動産会社と媒介契約を結ぶことが一般的です。ではどのような会社と契約を結べばいいのでしょうか。会社により全国規模の支店網を持つところや、地場専門の会社などがあり、会社により得意不得意があります。そのためどのような会社があるのか、評判などはどうなのか、信頼できそうかなど情報収集をすることが欠かせません。依頼する会社を決める際、専門知識を持っていることは当然として、税金や法律などのその他の知識も持ち合わせているか確認した方がいいでしょう。また親身になりサポートしてくるようなところを選ぶようにしましょう。また媒介契約の際、詳細な説明を丁寧にしてくれる会社を選ぶことも大切です。不動産売却では、媒介契約を結んだ会社によって、大きく結果が違うことにもなりかねないので慎重に選ぶようにしましょう。