早く高く売却|お得な不動産売却のプランを立てよう|家探しのキホン

お得な不動産売却のプランを立てよう|家探しのキホン

早く高く売却

模型

返済出来なくなった時には、任意売却をすることが大切です。これによって完済できる場合もありますし、完済できなくても負債額をかなり減らすことができます。通常は、住宅ローンの返済が滞った場合には、債務者となっている金融機関により、不動産は競売にかけられます。この場合、売却できるまである程度の期間がかかる上、市場価格より安い価格での売却となります。その点任意売却なら、買い手がつけばすぐに売却することができますし、市場価格での売却が可能です。競売にかけられてしまう前に任意売却をすることで、負担をより減らすことができるようになるのです。

任意売却は、専門家に依頼して行うことになります。不動産を売却するために買い手を見つけるのも、住宅ローンを借りている金融機関とのやりとりを行うのも、個人にとっては簡単なことではありません。そのため専門家に依頼し、それらを代行してもらうのです。代行してもらう以上、手数料の支払いが必要になります。手数料は、通常の不動産売却時の手数料と同じく、売却価格の3%プラス6万円となっています。そこに別途消費税も加算されるので、売却価格が1千万円の場合は、支払う手数料はトータルで約40万円となります。ただしこの手数料は、基本的には不動産を売ったお金から支払われます。そのため仮に手元にまとまったお金がなかったとしても、任意売却を行うことは可能なのです。