お得な不動産売却のプランを立てよう|家探しのキホン

不動産の相場把握

つみき

不動産は一般的に持っているとプラスになる印象がありますが、相続不動産の場合、負債になることもあります。その為、相続者は効率的な不動産売却を行なう必要がでてくるのです。

もっと見る

マイナス回避の方法

男の人

競売のロスの大きさの回避。

かつては住宅ローンが安易に貸し付けられたこともあって、身の丈に合わない不動産を購入して、その後支払えなくなってしまい、最終的に不動産売却をしてしまうケースが多くあります。これは目黒区の住宅メーカーもローン会社経由ですぐに入金があるため、返済のことまで考えずに次々に高額物件を登場させてきたという悪循環によるものでした。結局これらは競売にかかり、安くはたかれていく羽目になりました。赤字を出したのは、結局金融の貸付部門の甘い担保価値把握にあったわけです。貸すローン部門と返済を求める取り立て部門とは性質がまったく違うためにこのような不調和が生まれ、格安の競売物件にはたくさんの事件が付着することもしばしばでした。そのため、割安な物件でも素人が購入することは困難と言われていました。そして現在ではそのようなことは過去の話で、現在では任意の不動産売却がブームとなっています。

任意売却の活性化による町の再生。

もともと不動産競売を避けるための方策として知られていましたが、現在ではそういう後ろめたい風潮はなく、むしろ競売にならぬように目黒区の金融機関も働きかけてこの任意の不動産売却を推進しています。それは不動産競売による債権回収は決してうまい方法ではないという反省に立ってのことだと思われます。とにかく高額のバイヤーを探し出して、回収していくことが先決なのです。そのためには関係者が一致協力して、その仲介先である不動産業者とタッグを組んで、セールスをはかることが特に重要視されてきたのです。任意売却市場の活性化によって、業界に活力が生まれます。そこで不動産を業者に一括査定してもらえるサービスもよく活用されてきています。売り主にとっても、任意売却で売りやすい時代になりつつあります。

早く高く売却

模型

住宅ローンを組んで不動産を購入したものの、どうしても返済ができなくなってしまうこともあります。そのような時におこなわれるのが、任意売却です。購入した不動産を売却し、そのお金で返済をおこなうわけです。

もっと見る

取引の流れと信用度

模型と鍵

不動産の取引は人生において何回も遭遇することではないでしょう。取引の流れを知っておくことでスムーズな取引と、騙されたりすることから防ぐことが出来ます。まずは信用出来る業者選びが大切です。

もっと見る